FC2ブログ

第70回全日本大学準硬式野球選手権大会

8月19日

明日(8月20日)から、静岡県浜松球場を中心に、浜北、天竜の各球場で、第70回全日本大学準硬式
野球選手権大会が開催される。今回は記念大会でもあり、関東大学リーグから
東洋大学
国士舘大学
法政大学
中央大学
関東学院大学
群馬大学荒牧
創価大学
の各春季リーグ優勝校と関東大会の1位と2位、計7校が参加する。
大学準硬式野球の最高峰、全国から名立たる学校が参加するので、可能な方は観戦して欲しい。

70th_jyunnkou.jpg

第100回の甲子園大会もベスト4。今年は半端ない選手が沢山いて、目が離せないところでは
あるが、是非、大学準硬式も見て欲しいね。
平日と言うのが残念だね。

個人的には、新関東リーグ、そして黒田君の創価大学に頑張って欲しいね。
いや、内藤の同志社大学を応援しないと、駄目かな・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 大学準硬式野球
ジャンル : スポーツ

硬式高校野球選手権 静岡大会に思う

硬式高校野球選手権静岡県大会は、激戦の末、常葉大学菊川に決まった。善戦した島商の健闘を
称えると共に、色々ご意見はあろうが、常葉菊川には静岡県代表として頑張って欲しい。
大会は、初日、開会式及びその後の試合を除けば、雨の問題もなく、予定通り出来、関係者としては
良かったのではないだろうか。会場、審判、父母、その他多くの関係者にとっては、スケジュールの
変更が大変な事はよくわかる。しかし、当の選手達には、休みがあっても良かったかもしれないな。

さて、母校 静商は、今年はベスト8まで進み、多くのOB・OGが満足しているように思える。特に、
土日に当たった富士市立戦は、コールドの大勝。日大三島戦は逆転による快勝で、球場に詰めか
けたOB・OG・ファンには嬉しい日となったと思う。
1回戦でノーヒットノーランを記録した主戦古屋君が好調だっただけに、正直、最後は負荷を掛けて
しまったようにも思う。周辺の期待もあり、本人も行きたいと言ったのだろう。
うまく、富士市立戦で、勝間田君も高田君も投げれたから良かったと思ったけど、日大三島戦も最後
まで投げさせてしまったからな・・・。現在の野球、そしてこの猛暑では一人の投手が投げぬくという
のは、正直難しいと思う。セットアップやクローザーと言った分業や複数での先発が理想だと思うけ
ど・・・。

こと私と言えば、都市対抗観戦で行けなかった2回戦を除き、休日の3試合には観戦すると共に、
一緒に応援出来た。この土日に試合という流れは、甲子園を決めた大野君の時と同じで、そうな
ればと思ったが、準々決勝からは平日となり、+αの力は働かなかったね。正直、個人的には
厳しいところもあったけど、生徒そして長女と一緒に応援できたのは、良かった。
強風の富士市立戦で、懸命に団旗を挙げた旗手長(と今はいうのだ)にも賛辞を送りたい。

新団旗翻るスタンド(硬式野球部後援会公式HPより)
koushiki180721.jpg

とにかく、選手そして父母、応援関係の皆さん、お疲れ様でした。
新チームの活動は、硬式野球部も応援部も始まっていると思いますが、更なる高みを目指して
頑張って欲しいね。

さて、硬式野球が終わると軟式野球である。誰も知らなかったと思うけど、庵原で硬式野球部が試
合をしている間、軟式野球部は草薙軟式球場で試合を行い、東海大会出場を決めている。東海大
会は、8月3日(金)から、因縁の三重県倉田山球場と松坂球場とで行われる。繰り返しであるが、
この東海大会に優勝しなければ全国大会には出場できない。全国、たった16ブロック16校しか得
られない権利ではあるが、是非、頑張って欲しい。

まずは、初戦 8月3日 対東邦(愛知) 松坂球場。
頑張れ!静商!

第89回 都市対抗野球大会

7月15日

灼熱の太陽が降り注ぐ中、私は、草薙ではなく、東京ドームに向かい、涼しい中での野球観戦とさ
せて頂いた。(都市対抗野球の観戦だ。)静商OBの大野健介(西濃運輸・補強、大垣市)と国松歩
(JR東日本、東京都)が対戦する可能性があり、山梨から来た次男と朝からバックネット裏に、陣
取っていたのだ。ただ私的には、野球もさることながら、名高い社会人の応援にも興味があった。

試合は、
第一試合 ホンダ熊本(大津町) 対 日本通運(さいたま市)
第二試合 ホンダ鈴鹿(鈴鹿市) 対 三菱日立パワーシステムズ(横浜市)
第三試合 西濃運輸(大垣市)  対 JR東日本(東京都)
であった。

応援に関しては、1、3塁側とも、応援用の舞台、太鼓用舞台、ドラム用舞台が常設されており、太
鼓とドラム自体も常設されているようだった。(確かに、その方が効率的だ。)応援は、甲子園のアル
プスさながらにブラスバンドを中心に、各チームが独特で華やかな応援を繰り広げていた。特に、
ホンダは、第一試合が熊本、第二試合が鈴鹿。それもどちらも3塁側であった為、凄さを感じた。
(残念ながら、どちらも試合には負けてしまった。)

ホンダ鈴鹿応援席の模様
taikou-20180715.jpg

とにかく応援の人が多い。地域の関係者、企業の関係者、そのような方々が参加しているのか、ど
ちらも1万に近い応援だけに、迫力は凄かった。また、ここでは高野連のお達しもなく、守りでも太鼓
や音楽を使った応援がされていた。チームによって応援経験者と思える方と、そうでない方がいたが、
チアに関しては、どのチームも決まっていた。
驚いたのはJR東日本。高校野球同様コンバットマーチを使ってはいたが、応援リーダが突きではなく、
行進をしていたのは初めてみた。確かにマーチ(行進曲)だけどね。
そんなこんなで、3試合目ともなれば、正直、ぐったり。エアコンが効いたドームでも、かなり疲れて
いた。

試合は、流石トップレベル。プロと変わらないプレーを見せてくれ、関心した。
本大会は、32チームにより、7月13日から12日間熱戦が行われる。
第89回 都市対抗野球大会HP

そして、お目当ての両選手だが、大野(君と言うにはいい歳になったけど)を見ることが出来てよ
かった。国松は、勝ち上がりなので、次戦以降に期待したい。

静商 関東同窓会総会 ’18

7月14日

今年も、静商同窓会関東支部総会にお招き頂き、楽しい時間を共有させて頂いた。

昨年は、直前で静商硬式野球部が一回戦敗退という大きな事件があり、暗い雰囲気であったが、
今年は、初戦を古屋君がノーヒットノーランを達成する完勝で、良い雰囲気であった。併せて、今年
は、静岡の同窓会総会同様、チアOGも参加してくれ、より一層会を華やかにしてくれた。

会場が、神保町の学生会館に移って、数年。会場の扱いにも大分慣れ、関東名物のVIVA静商によ
る花電車も、スムーズにできるようになって来た。だからというわけではないが、初参加のチアOGも、
その雰囲気に圧倒されながらも、楽しんでいたようだった。

応援団OB会では、かつてのユニフォームをモチーフにしたTシャツを100着のみ作成し、持参をさ
せて頂いたが、想像以上に販売出来、助かった。

このTシャツを着て、球場に駆けつけて頂ければ嬉しいね。

静商同窓会関東支部総会の模様 恒例のVIVA静商による花電車
kanto180714.jpg

ニュースから大学準硬式野球を考える

6月12日

今日、こんなニュースが掲載されていた。
甲子園球児が、大学準硬式野球を選択する、という話である。

yahoo!ニュース 6/12

ま、東都1部と東京六大学は、準硬式と言えども別格だからね。
ただ、中央大学の様に全寮制の準硬式野球のチームもあるので、準硬式全てが充実したキャン
パスライフを送れる訳ではないことは理解して欲しいね。

第7回 高等学校応援団フェスティバルin静岡

6月10日

今年も応援団フェスティバルが開催され、裏方としてお手伝いをさせて頂く。
第7回を数えるこの大会も、年々知名度を上げ、他県から参加も増えている。
今年は、遠く高松北(高松)をはじめ、富山商業、県岐阜商、本郷(東京)、そしておなじみの山梨県
連合、そして県内10校、計15団体の演技となった。

seisho-180610.jpg

ちなみに、この大会は、日頃裏方になっている応援団(部)にスポットを当てるものであり、チアのみ
の参加は認めていないとのことである。その為、今年は、応援団が無くなった数校の参加が無くな
った。ただ、毎年のようにお願いしているにも関わらず時間を守らない学校にもご辞退頂いたようで、
例年になく時間通りの進行となったようだ。

前日の静岡駅前でのパフォーマンスを含め、本番終日 全応援を聞く(裏方なので見ることは出来
ないのだが)我々には、どの学校も同じようなマーチそして応援に、毎年のようにやや疑問を持つも
のではあるが、演武をしている生徒達には20分程とエンディングの合同演武が全てであり、それに
集中している姿に、一概に批判するのもおかしいと思った。
事実、多くの学校がレベルアップをし、そして、夏の野球大会ではなく、この大会を目標にしてくれて
いることに感謝すら感じた。
東京の本郷は(中高一貫校だが)、始めから比べれば格段とレベルが上がり、今年は、団長が羽
織袴を新調していた。
甲子園でもおなじみ富山商業は、生徒の男女比は3:7程で女性が多いようだが、応援団は男子
のみ。聞けば、現状、女性は入れないようだ。リハーサルでは、鬼軍曹のような厳しい先輩の激が
止まなかった。ただ、本番では曲が途切れるハプニングが起きても、まったく動じず、アカペラで対
応していたようだ。
高松北は、途中、コミカルな寸劇が入っていたようだが、残念ながら内容は聞こえなかった。

そして、我が静商は、先日、同窓会より寄贈された新団旗のお披露目となった。
多くの学校が自校の団旗の大きさを誇るが、贔屓目なしでも静商の団旗が大きい事は分かる。何
故なら、大き過ぎて4本の竿では床についてしまうからである。やはり、この大きさは5本用に出来
ているんだろうと思うが、その重さを知る私としては、仮に、5本目が修理できたとしても、揚げるの
は難しいだろうな、と思うものである。

最後に毎年の事ではあるが、この日の為に1年前より準備をしている湯浅実行委員長(静商応援
団OB会)をはじめ、実行委員の皆さんに感謝すると共に、参加した生徒達にも、その皆さん、そし
て支援をしてくれた方々への感謝を忘れないで欲しい。何故ならば、その気持ちが応援として一番
大切ではないかと思うからである。大会当日のみお手伝いをさせて頂く私ではあるが、そう思う。

静商同窓会総会そして新団旗引渡式

6月2日

応援団OB会は、今年も静商同窓会総会の懇親会にゲストとして呼ばれた。
これに先立ち、静商創立120周年記念事業の一環として、同窓会より新団旗が寄付され、その引渡
が、同窓会下村様より、現役応援部に行われた。
以前記載したように、現在の団旗がボロボロになってしまった為である。
新団旗に合わせ、竿及び槍の修復(現在、この竿や槍を新調するのはかなり難しいようである)も
行われた。是非、大切に使って欲しい。

(大きくて、この会場では立てられません。だから、全体が見えないね・・・。)
seisho-180602.jpg

思えば、前回、以前と異なる大きさの団旗に、応援団OB会を中心に団旗を新調させて頂いたのが
19年の12月。すると直ぐ硬式野球部が32年振りの甲子園出場を決まる。
残念ながら、その後、甲子園の出場はないが、是非、この新団旗を甲子園の空に靡かせて欲しい。

なお、今回の同窓会総会の懇親会には、いつもの応援団OB会に加え、チアOGも参加してくれ、会を
華やかに盛り上げてくれた。
両名は、関東の総会にも参加してくれるとの事。関東の皆様も、是非、待っていて欲しい。

ぶらっと・・・

5月27日

新関東リーグ春季リーグ戦は、決勝戦で創価大学が、国士舘世田谷を破り、優勝を決めたようだ。
創価大学の皆さん、優勝おめでとう。新関東リーグのレベルを知らしめる為にも、是非、全国で頑
張ってください。国士舘世田谷の皆さんも、是非、勝ち抜き、清瀬杯に進出してください。

そんな日、私はまた、ぶらり。今回は、住吉(江東区)付近を。実は、先週の遠征(?)は、少し体
に負担だったようで、ちょっと反動が出てしまった。それなので、今回は軽めに。「猿江恩賜公園」
をぶらっと。

take-300527.jpg

しかし、東京には、このような公園が沢山あるな~、と改めて思う。
都会なのに、木々に囲まれると、時間の流れがゆっくりに感じる。猿江恩賜公園は、横十間川の横
に、新大橋通を挟んで南と北にある公園で、元々、木場だった場所を公園にしたそうだ。(そう、書
いてあった。)南側には、野球場、北川にはテニスコートや遊戯場があるが、南側の池や川では、
釣りをする人もいて、ザリガニを釣っている親子もいた。

猿江恩賜公園HP

併せて、改めて、東京は水の街と思う。私が川を思い浮かべる時、石がゴロゴロした河原をものだ
が、東京の川は、何処も川幅一杯の水量。理由があるのだろうが、そんな川の上を渡る(橋を渡る)
時は、いつも気持ちいがいい。この前、築地から隅田川を渡り月島へ。その後、豊洲まで歩いたが、
橋の上を流れる風は気持ちよかった。

さあ、次は何処へ行こう・・・。

ちなみに、佐藤優大君(大船渡)、ベストナインおめでとう。大野君(掛川西)は、残念だったね。
秋 頑張ってください。

夢の国へ・・・

5月20日

既に薄々ばれていると思うが、私は歩くのが好きだ。残念ながら早くはないのだが。それに、脳梗
塞で、脳がいくらかダメになっているから、正直、普通に見えても、実は以前のように動けない。そ
れでも、歩くのは面白い。電車や車では過ぎてしまう”生活”が、そこにはあるからね。

そんな私だから、こんな気持ちい初夏の日は、歩いてみよう。
前からの目標であり、毎晩のように8時半に上がる花火の元。そう夢の国に。と言っても、その入り
口だけどね。
片道約2時間。水筒とタオル、そしてi.padをもって。こいつがあるから、以前の(千葉の)ような目に
合わなくても済む。ま、時々は反対に行ったりするけど、それも、楽しみだ。

(東京・千葉のボーダーは川の上? そして夢の国?)
take-300520.jpg

しかし、やはり帰りは疲れたかな?清瀧神社などで一休み。古い神社だけど、お祭りが近いみた
い。そんな発見も楽しみの一つ。

取り敢えず、目標達成。次は、どこへ行けるかな?

大学準硬式野球 新関東リーグ春季リーグ戦 最終節速報

大学準硬式野球 新関東リーグ春季リーグ戦1部は、創価が国士舘世田谷を11対6で破り、
27日に行われる優勝プレーオフで優勝を決めることになった。
また、1部2部入替戦は、昭和が東京都市大学に2対12(6回コールド)で敗れ、2部に降格、
東京都市大学が1部に昇格することが決まった。

テーマ : 大学準硬式野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Teddy Iwata(Kaz)

Author:Teddy Iwata(Kaz)
野球大好きおじさんです。
軟式でも、硬式でも、そして
準硬式でも。
ワクワク、ドキドキする試合に
出会えたらいいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR